関東地方本部概要

活動報告

令和2年度 事業報告

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症に翻弄された1 年でありました。4月と1月の2回にわたる緊急事態宣言をはじめ、感染拡大抑制に向けた3密回避、不要不急の外出抑止、営業時間短縮要請等あらゆる活動が抑制され、日本経済におけるコロナ禍の影響は、リーマンショックをはるかに上回り、当会員企業、協会においても例外なく厳しい状況が続いております。

一方、情報通信分野においては、テレワーク急拡大への対応、非対面なオンライン会議導入等、情報通信技術(ICT)の提供等大きな役割を果たしており、より一層社会基盤の構築が求められております。関東地方本部では、このような環境下においても、会員サービスの充実・役立つ情報の提供を主眼に、出来る限りの活動を実施してまいりました。

研修関係では、対面で実施していた資格取得に向けて集合型研修のWEB 化、WEB 化が不可能な研修における感染停滞時期への日程変更、ITCAセミナーにおける配信方法の変更や、各委員会等の会議では積極的にオンライン会議にて開催を図り業務が停滞しないよう行ってまいりました。

また、緊急事態宣言期間中に計画していた新入社員研修や春季工事担任者資格取得研修や3密回避が不可能な、定例講演会、総会や支部総会後の会員との懇親会、セミナーと併せた商品展示会、賀詞交換会等を中止せざるをえない状況でした。しかし、会員キャリア等の新事業の開拓や運営基盤強化を図るための財務改善と積極的な会員増強を行い、更なる広報活動の充実に取組んだ結果、昨年度に続き大幅な黒字となっております。

関東地方本部概要

ページトップへ